話す効果を知っておく

通話する女性

気軽に利用できる

心の病は誰でも罹患をする可能性があります。本人がおかしいと感じることもありますが、周りの人が気付いて専門の医療機関を受診することを薦めるということもあるでしょう。心療内科を受診するということに抵抗を感じているのであれば、まずは電話で相談をしてみるとよいでしょう。電話で相談をするだけでも落ち着く、心のもやもやを取り除くことができるということがあります。面接のような感じで話すことに抵抗がある、というのも心の病に罹患をしている人の特徴です。またクリニックを受診する時間的な余裕がない場合や、クリニックが通うことができる範囲にない場合には、365日24時間対応をしている電話相談を利用することが効果的です。実際に電話で話して、その上でクリニックの予約を取って症状をもっと詳しく伝えたい、という気持ちにもなるかもしれません。誰にも言えずに1人で抱え込んでしまうことによって、症状も悪化することがあるので、とにかく誰かに話を聞いてもらう、ということが症状の緩和に役立ちます。

心の病や悩みの相談に365日24時間対応をしている医療機関もあります。医療機関だけではなく、NPO法人で悩み相談を受けているところもあります。医療機関の専用ダイヤルに電話をした場合、その医療機関を受診するように薦められることもあるでしょう。自分が病気だという自覚がなければ、中々受診をする気持ちにはなれません。それでも専門的な治療を受けたほうがよい、と判断される場合には医療機関の専用ダイヤルは便利と言えるでしょう。NPO法人の場合、専門医が対応をしているところもあるかもしれませんが、そのほとんどが自分も経験者という場合が多いです。同じような気持ちになったことがある人に話を聞いてもらう、というのは効果もありますが、治療にはつながりません。電話をするだけで救われるという場合にはよいかもしれませんが、医療機関を受診するべきなのかどうかという判断ができないこともあります。電話相談を利用して、その後どうするべきなのか、という点では医療機関のほうがよいでしょう。

Copyright© 2019 面と向かっては話せないからこそ話すツールが選べる All Rights Reserved.