心を癒すには

受話器 身近な人には相談がしにくいこころについての悩みを電話で聞いてもらえるホットラインもあるので、困ったときには悩みを抱え込まないようにしてみましょう。自分のことを客観的に見てもらうだけでも、こころの持ち方は変わっていきます。

詳しく見る

時間と人の目を気にしない

通話する女性 心の悩みを専門家に相談できる方法の1つに電話相談があります。わざわざ出向かなくてよいうえに医師に直接会うこともなく、周りの視線も気にせず初めての方でも安心できます。費用はそれぞれで異なりますが、無料の医療団体や行政の窓口もあります。

詳しく見る

話す効果を知っておく

通話する女性 誰しもが持っている悩みに対して、電話で相談を行っている医療機関やNPO法人があります。話を聞いてもらえるだけでも、悩みを解消させることができるということもあるので、利用をしてみるのも解決のためにはよいでしょう。

詳しく見る

先ずはコンタクトを取る

通話する女性 精神科・心療内科を受診するのが適しているものの、不安要素があり、なかなか足が運べないこともあるようです。今や、相談だけで気持ちがラクになることもあり、電話相談も可能です。もちろん、かけるにしてもマナーやルールは守りましょう。

詳しく見る

うつ病を未然に防ぐ

医者と看護師 普段の仕事で感じるストレスを自分の中に溜め込みすぎてしまうと、うつ病を発症して治療に時間が掛かってしまうことになります。普段からストレスをため込まないように電話相談を利用して自分の頭の中のモヤモヤとした気持ちを聴いてもらうと良いです。

詳しく見る

病院のサービスを活用

通話する女性

対面をうまく乗り切る

専門知識のある者が症状を聞いた上で、どうすべきかを判断してくれて、行くべき病院などもガイドしてくれる窓口があります。日中は仕事や学校があるから長電話はできない、こうした人もいるでしょう。子どもの心の問題は、当事者で解決するには難しく、取りあえず傾聴して相談内容を把握します。家族あるいは医師、その他の力が必要だと判断すれば、録音した音声の提供、位置情報機能を使った所在確認などで迅速な対応を図ってくれます。話すだけで気がラクになる内容であれば、チャイルドカウンセラーが成長期に合わせた口調にて、聞き手になります。仕事先からも電話相談したい、そうした場合にも相談員からかけ直してくれるようです。この場合、個人名でかけ直してくれますから、周りに何1つ知られたくない人に評価されています。最近では、早朝・夜間もかけられる理由から、電話相談が人気です。ちなみに、安易に救急医療機関を受診すると、緊急性のある治療に支障を来す配慮も理由のようです。また、時間外診療や休日などは、受診も割増料金となるので、こうしたサービスが人気なのでしょう。適正受診に協力的、こうしたメンタルを持つ人が有料・無料の電話相談を活用しています。

誰かと繋がり人もいれば、受診するために必要なことを聞きたい人も電話にて問い合わせるでしょう。精神科・心療内科では生き方を応援するより、その人が直面する問題について傾聴し、解決への道筋を共に考えてくれる、こうした電話相談を行っています。相談者の多くは、一番気がかりなことをひた隠しにする傾向にあるようで、身近な家族ですらその気持ちに気づけないことも少なくありません。本人も、同じような体験をした誰かと話してみたいと思うこともあるはずです。もちろん、そうした体験者と話せるサービスも医療機関で紹介してくれます。また、心と体の健康や病気、これらに関する悩みを受け入れる公的相談窓口を活用しましょう。パソコンやスマホから都道府県(市区町村名)を入力すれば、色んな相談窓口が検索できます。もちろん、外国人への対応も徐々に整いつつあり、都市部では通訳(翻訳者)が話しを聞きます。対談より会話がもっとスムーズに、要領よく意思が伝わるようにメモ書きしてから電話をかけることも大事です。敬語、好感を持たれる、こうしたことを初めてかけるならば考えず、素直な表現、ニュアンスを濁さないことだけ意識すれば、適した解決先や策を得ることができるようです。

Copyright© 2019 面と向かっては話せないからこそ話すツールが選べる All Rights Reserved.